オーストラリア唯一のパワースポット エアーズロック(ウルル)

エアーズロックリゾート

エアーズロックリゾート

エアーズロックリゾート

エアーズロック観光の拠点となる小さな街エアーズロックリゾートにはホテルやレストラン、ショッピングセンターが集まっています。正式な地名はユララ(YULARA)これは先住民の言葉から付けられており、ディンゴが遠吠えをする場所という意味があります。 空港からはバスで約10分で到着です。

Hotel Facilities/ ホテル内の施設は利用が宿泊者に限られる場合があります。
24時間 レセプション/ プレイグランド&ジャイアントチェスセット / スイミングプール5つ/ スパ(有料) / アートギャラリー /  ドライクリーニング / コピー・ファックスサービス /インターネットアクセス / ランドリー / お土産屋 / ツアーデスク / テニスコート2つ / 医療サービス / 郵便局 / 展望台 /駐車場・ガソリンスタンド / ショッピングセンター / 観光案内所

『ビジターセンター』
デザートガーデンホテルの近くに位置しているビジターセンターでは地元の歴史、地理、動植物相やアボリジニーの文化を紹介する他、それらに関するお土産も取り揃えている。

『リゾートショッピングセンター』
銀行、ヘアーサロン、郵便局、スーパー、ツアー&インフォメーションセンターがあり、セールスインザデザート、デザートガーデンズホテルからは徒歩5分、アウトバックパイオニアからは徒歩10分

通な技〜その1〜

リゾートシャトルバスを利用しよう!
エアーズロックリゾートはイマラング展望台という小高い丘を中心に円を描くように街がつくられていて、歩くと30分程で一周できます。各ホテルの前とショッピングセンターを結ぶシャトルバスが 約15分間隔でぐるぐるとまわっているので便利です。

通な技〜その2〜

さまざまな無料アトラクション(不定期の催行となります。予めご了承下さい。)

  • ディジュリドゥ演奏
  • アボリジナル・アート
  • ホテル内庭園散策
  • アウトバックパイオニアホテルでの夜のライブステージ

通な技〜その3〜

エアーズロックリゾート内の展望台を制覇!
いずれも見晴らしの良い展望台ばかり。お気に入りの場所からウルルやカタジュタを眺めよう。


基本情報

旅の基本情報

エアーズロック(ウルル)はオーストラリア大陸のほぼ中央に位置する世界最大級の一枚岩です。朝・昼・夕、刻一刻と色を変える岩肌を眺める為に、サンセットツアーとサンライズツアーに参加されることをお薦めします。近くにあるマウントオルガ(カタジュタ)を含めたウルル・カタジュタ国立公園は世界遺産に登録されていますが、自然遺産に留まらず、先住民(アボリジニ)の持つ文化的側面も認められ、自然遺産と文化遺産を合わせた複合遺産として登録されています。
先住民は自分達が大切にしてきた聖地であるエアーズロック(ウルル)に観光客が登ることを快く思っていません。近年は彼らの聖地を尊重し、登山を控える方が増えてきています。登山口は強風・雨・高温・文化的理由により閉まる事があり、望んでも必ず登山できる訳ではありません。エアーズロックでの滞在を伸ばせば迫力ある断崖絶壁が見られるキングスキャニオンまで足を伸ばせたり、ラクダやヘリコプターを使ったアクティビティへの参加が可能です。

エアーズロックとウルル
世界最大級の一枚岩エアーズロックは、古代からこの地で生活をしていたオーストラリア先住民達からウルルと呼ばれ続け、現在も聖なる岩として崇められています。その後オーストラリアの開拓が進み 、それぞれの土地にはヨーロッパからやってきた探検家達が新しい名を付けていきました。1873年、先住民以外で初めてウルルにたどり着いたイギリスの探検家ウィリアム・クリスティ・ゴスは、当時の南オーストラリア植民地総督ヘンリー・エアーズにちなみ「エアーズの岩=エアーズロック」と名付けました。

カタジュタって何?
ウルル周辺にあるもう一つの巨大な 岩がカタジュタです。これも先住民が名付けた名前で、たくさんの頭という意味があります。人や動物の頭のように見える岩が36あり、なんとこれも一枚岩!地下では全てがつながっています。ちなみに英語名ではオルガスという名が付けられています。

キングスキャニオン
エアーズロックから北東 309km離れた場所に、ワラルカ国立公園の一部キングスキャニオンがあります。高さ約270mの切り立った断崖絶壁の頂上を歩く散策リム・ウォーク、または下から断崖絶壁を眺める散策クリーク・ウォークはどちらも 迫力満点の絶景です。『【英語】キングスキャニオン日帰りツアー』なら、エアーズロック2日目に参加が可能です。(この場合、『【日本語】ウルルサンライズ鑑賞&ウルル登山とふもとめぐりツアー』は3日目の朝に移動します。必ず希望行程をお申し込み時にお知らせ下さい。また、『【英語】キングスキャニオン日帰りツアー』は早朝から夕方までの約13時間コースです。)

マウントコナー
キングスキャニオンに向かう途中目にするのがウルルと兄弟かと思うような大きな岩が見えてきます。

マウントオーガスタス
ウルルは世界で2番目に大きな単一の岩石です。では一番はどこでしょう? これまたオーストラリア大陸にあります。西オーストラリア州のマウントオーガスタスが一番で、なんとウルルの2.5倍もあるんです!

マウントコナー

空港からリゾート

日本からエアーズロックへの交通手段

日本からの直行便は無く、各都市から空路を利用する場合が最も利用されている移動手段となります。

  • オーストラリアの主要都市よりカンタス航空でコネラン空港まで行き、そこからエアーズロック・リゾートに滞在
  • オーストラリアの主要都市よりアリススプリングス、車での移動、または現地のエアーズロックのツアーに参加

アリススプリングからエアーズロックまでは車でさらに半日ほど掛かります。

<オーストラリア各都市からの飛行時間> (2013年2月現在)
ケアンズ→エアーズロック 一日1便 約2時間45分
シドニー→エアーズロック 一日2便 約3時間30分
アリススプリングス→エアーズロック 一日1便 約50分

空港からエアーズロックリゾートまで

エアーズロック空港(正式名称:コネラン空港)
ケアンズまたはシドニーからの乗り継ぎとなります。
H.I.S.の日本語ガイド付き送迎プランなら、空港からホテルまで安心して移動ができます。
(送迎付きでないプランでも、エアポートシャトルバスを利用してホテルへ行くことができます。)

エアーズロック空港(正式名称:コネラン空港)

目的別宿泊施設・ホテル予約

キャンプ?ホテル?どんなところに泊まる?


OUTBACK PIONEER HOTEL & LODGE(アウトバック パイオニア ホテル&ロッジ)

〜キャビンやドミトリーもあるスタンダードホテル〜

WiFi公共エリア有料

このホテルの口コミを見る

あとは寝るだけ!

OUTBACK PIONEER HOTEL & LODGE(アウトバック パイオニア ホテル&ロッジ)部屋タイプ バジェット

エアーズロックリゾートの中にあるバックパッカーズ。設備はシンプルで冷蔵庫とベッドのみバスは共同利用となります。一人利用の方にもお気軽にご利用いただけます。

部屋タイプ:バジェット

基本設備は欲しい方にはスタンダードホテル

OUTBACK PIONEER HOTEL & LODGE(アウトバック パイオニア ホテル&ロッジ)部屋タイプ スタンダード

エアーズロックリゾートのスタンダードホテルで、トイレ・シャワー・テレビ・冷蔵庫などがあります。ショッピングエリアの横に位置しているので大変便利です。

部屋タイプ:スタンダード

このホテルの詳細を見る

DESERT GARDENS HOTEL(デザート ガーデンズ ホテル)

〜リゾートの入り口にある4つ星ホテル〜

WiFi公共エリア有料

このホテルの口コミを見る

納得の4つ星ホテルをお探しなら

DESERT GARDENS HOTEL(デザート ガーデンズ ホテル)

隣がビジターセンターで便利な立地。白い外観が砂漠の広がる中に際立っており、まさに砂漠の中にあるオアシスのよう。デラックスはバスタブ付き。スタンダードはシャワーのみ。

このホテルの詳細を見る

SAILS IN THE DESERT(セイルス イン ザ デザート)

〜リゾート内にある5つ星ホテル〜

WiFi公共エリア有料

このホテルの口コミを見る

リゾート内4つ星ホテルをお探しなら

SAILS IN THE DESERT(セイルス イン ザ デザート)

屋根の上のセールとアボリジニアートをモチーフにした内装が特徴のエアーズロックリゾートのデラックスホテル。ホテルでゆったりと寛ぐ時間が欲しい方にお勧めです。リゾートのメインダイニングもここにあります。

このホテルの詳細を見る

LONGITUDE 131(ロンギチュード131)

〜エアーズロックリゾートの外に建てられた滞在施設〜

憧れのロックビュー・ラグジュアリーテント!

LONGITUDE 131<br />(ロンギチュード131)

オーストラリアで初めてのアウトドア滞在施設。砂漠の風景や、アボリジニの文化、ウルルの美しさを実にユニークな形で体験できます。宿泊者専用の空港/ロンギチュードー131間の往復送迎と4つのツアー込み。滞在中の食事付。

このホテルの詳細を見る

EMU WALK APARTMENT(エミュー ウォーク アパートメント)

〜リゾートセンターに隣接した唯一のコンドミニアム〜

家族でコンドミニアムタイプのお部屋を探すなら

EMU WALK APARTMENT(エミュー ウォーク アパートメント)

リゾート内唯一のキッチン付きの宿泊施設。ご家族での滞在やゆっくり滞在したいという方にお勧めです。ただし、部屋数に限りがあるので早めの予約が必要です。

このホテルの詳細を見る

旅のヒント

旅のヒント1

オーストラリアの内陸部は、一日の中でも気温差が激しく朝晩と日中では約20℃も異なる時があります。服装は脱ぎ着し易く、常に薄手の上着などを持ち歩くと良いです。http://www.weatherzone.com.au/nt/alice-springs/yulara

旅のヒント2

オーストラリアの内陸部はとっても乾燥しているため、常に水分補給を心掛けて下さい。ツアー中は(国立公園の推奨としては約1リットルの)水をこまめに飲むことが、健康を維持する秘訣です。

追加でオプショナルツアーを申し込みたい方は、ツアーの空き状況の確認をお早めに! 当日H.I.S.の空港送迎を利用される方は、お迎えのガイドに気軽にご相談いただけますが、希望の時間帯は集中してしまう場合もあるので、事前予約がベスト!!それぞれのウェブサイトから早めに予約をしておけば安心です。この後、サンセットツアーのある人は時間に余裕を持ってスケジュールを組んで下さいね。

旅のヒント3

紫外線予防の必需品は、帽子、日傘、日焼け止めクリームなどなど。夏場でも、通気性の良い長ズボンや長袖を利用して、お肌のケアをお忘れなく!

ここで、おすすめグッズのご案内!
『エアーズロック登山・必需品セット』はエアーズロック観光での旅のアイテムをまとめた 朝食付きバックパックです。
バックはお土産にも最適です♪バックの中身は・・・朝食、水、滑り止め付き手袋、日焼け止めクリーム、ハエよけネット、水筒が入っています。

エアーズロック登山・必需品セット

服装

夏は、日射病や熱中症を予防するために、通気性がよく、身体を締め付けない生地や色の薄い衣服の着用をお勧めいたします。この時期には、ショートパンツとTシャツが最も快適で実用的な服装です。また、靴はハイキングブーツまたはスニーカーなど、動きやすく丈夫で滑りにくいウォーキングシューズなどをお勧めします。

冬には、朝方の日の出時に温度がマイナスまで下がることがあるほか、夕方と夜間にもかなり冷え込むことがあります。ツアーの参加の際には、日中の登山や散策の途中でも脱ぎやすいように、何枚かの衣服を重ねて着込まれることをお勧めします。この時期には、長ズボンと長袖の上着がお勧めです。

日差しがとても強いので、日中の散策時には日よけの帽子や日焼け止めクリームのご使用を強くお勧めします。ウルルやカタジュタ周辺では風が強いことがありますので、帽子などを飛ばされないようにご注意ください。

レストラン・食事

エアーズロックリゾートにはスーパーマーケットもありますので、水などの生活用品は揃います。また、レストランやカフェなども隣接していますが季節営業または天候に左右されるところも多くなっています。

気候

エアーズロックは乾燥した砂漠気候に属します。夏は高温になりますが、一日の寒暖差が激しいので常に一枚多めに羽織るものをご用意下さい。12〜2月の夏は日中の平均気温35度以上になりますが、夜はさわかやで過ごしやすいのが特徴です。

 
9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月
最高気温(℃) 27 31 34 36 37 36 34 29 24 20 20 23
最低気温(℃) 13 17 20 22 23 22 21 16 22 8 7 8

知ってトクするツアースケジュール例


航空券やホテルを押さえたら、次は旅のプラン!エアーズロックに行くならオプショナルツアーが必須です!
せっかくエアーズロックを見に行くなら、オプショナルツアーを上手に使って、自分流にエアーズロックを満喫しよう!!

基本プラン
基本オプショナルツアー

まずは全ての行動の基本となる「基本プラン」を選定します。
スケジュールがガチガチのものより、ほどよく空き時間があるツアーを選ぶのが鉄則!!空き時間に自分の好きなオプショナルツアーに参加したり、ゆっくり自分のペースで滞在できます。
今回は現地スタッフ推薦、一番人気の『応援!ひとり旅 格安エアーズロック滞在パック』を選定!


組み合わせ自由なオプショナルツアー
組み合わせ自由なオプショナルツアー

基本プランが決まったらその空き時間に参加可能なオプショナルツアーを選びましょう。 ヘリコプターからエアーズロックを眺めたりハーレーの後ろに乗り砂漠を走るツアーラクダに乗ってサンライズ、サンセットを堪能星空を眺めるロマンティンクなツアーなど豊富なツアーから自分の趣向に合ったオプショナルツアーを選定!空き時間の長さによって数時間から半日または1日参加など賢く組み合わせてエアーズロックを120%楽しめること間違いなしです!!



基本プラン

応援!ひとり旅 格安エアーズロック滞在パック

【応援!ひとり旅】 格安エアーズロック滞在パック

エアーズロック空港での出迎えとホテル往復送迎・ウォルパ渓谷散策とウルルサンセットツアー・ウルルサンライズ、登山とふもとめぐりツアー、これらを日本語ガイドがご案内します。ひとり旅用にアウトバックパイオニアロッジでの4種類の宿泊タイプをセット。このパックさえ申し込めばエアーズロックでの滞在はOKです。

エアーズロックにて1泊のお客様には最適のツアーです!2泊以上される方は到着日のサンライズツアーがおすすめ!宿泊数が多い方へも対応が可能です。

このツアーの詳細を見る

基本プランを中心としたツアースケジュール例

時間帯 内容
1 午前

ご到着便に合わせて、日本語ガイドが空港にてお迎えし、エアーズロック・リゾートへ向かいます。
ホテル到着後は、ホテルチェックインの手続き、滞在中の行程、オプショナルツアーやお食事のオプションについてご案内します。

この空き時間におすすめの追加ツアー 【英語】ヘリコプター遊覧飛行

【英語】ヘリコプター遊覧飛行

地球の“へそ”といわれるウルルと“たくさんの頭”という意味のカタジュタを空から見れば圧巻の景色です。遠くに見える地平線は地球が丸い事を証明するように少しずつ丸みを帯びていますが、陸地でこのような雄大な地平線を見る機会はなかなかありません。ウルルは登るだけではなく、空から見てその雄大さを感じてください。お時間に合わせて3つのプランからお選びください。

この空き時間におすすめの追加ツアー 【英語】 ハーレーダビッドソンツアー

【英語】 ハーレーダビッドソンツアー

エアーズロック近辺をハーレーダビッドソンの後部座席に乗りクルージング体験。赤茶けた砂漠を疾走する気分はまさに映画「マッドマックス」の主人公!!出発時間はご希望をお聞きし、予約をお取りいたします。(昼間のみ)*予約の際、ご宿泊のホテル名が必要です。

午後

エアーズロックリゾートを出発して、ウルル・カタジュタ国立公園に向かいます。途中時間があれば、カタジュタの南側全景を眺望できる展望台に写真撮影のために立ち寄ります。この展望台は車椅子でのアクセスも可能です。

カタジュタでは日本語ガイドの案内で、ウォルパ渓谷散策往復(1時間のウォーク)に出かけます。ウォークの途中には、ガイドがこの半乾燥帯に生息する珍しい動植物などを指し示しながらご説明します。

バスに戻り、麦茶と冷たいおしぼりで一息ついた後、ウルルサンセット会場で、太陽が沈むとともにウルルの色が刻々と変化する様子をご覧下さい。

カタジュタ散策とウルルシャンパンサンセットツアー
2
この空き時間におすすめの追加ツアー 【日本語】サザンスカイBBQディナーツアー

【日本語】サザンスカイBBQディナーツアー

サザンスカイBBQディナーはオーストラリアならではの体験です。日の入り90分程前にエアーズロックリゾート内の各ホテルを出発し、ウルルサンセット会場へ。オーストラリアンビールやワイン、ソフトドリンクなどと共にプロのシェフが調理するオーストラリア産各種の肉やサラダバー、そしてデザートをお楽しみいただけます(メニューは変更されることがあります)。バーベキューディナーの後は、日本語ガイドによる星空観測そしてアボリジニの伝説などをご案内いたします。

日の出前

朝日が地平線に近づくにつれてだんだんとその姿を現すウルルの様子を、緑茶・コーヒー・紅茶で身体を暖めながらお楽しみ下さい。その後日本語ガイドが登山に関する詳細と注意事項をご説明します。

往復約2-3時間の登山をお選びになる方は頂上からの素晴らしい景観にご満足いただけることでしょう。登山をされない方は、マラウォーク(約1時間)をお楽しみください。

引き続きガイドの案内でムティジュルの泉まで歩くクニアウォークにご参加いただきます。(3時間の登山を希望される方は、このウォークには参加できません。)登山・ふもとめぐりから戻りましたら、麦茶とおしぼりをご用意します。

ツアー終了後ウルル・カタジュタ訪問記念証明書をお受取下さい。

ウルルサンライズと登頂ツアー(約5時間)

3 日の出前
この空き時間におすすめの追加ツアー 【英語】 ラクダで行くサンライズツアー

【英語】 ラクダで行くサンライズツアー

日の出時刻の1時間前に出発。暗闇から刻々と明るくなるにつれ、その色を変えてゆくウルル(エアーズロック)をラクダに乗って鑑賞します。砂漠のようなこの地にらくだはまさにピッタリ。ひと休みの際にはビリーティとビアーブレッドのサービスが付きます。

午後〜日没
この空き時間におすすめの追加ツアー 【英語】 ラクダで行くサンセットツアー

【英語】 ラクダで行くサンセットツアー

ラクダに乗って日の入りを鑑賞。赤い大地をラクダに乗ってウルル観光。日の入り1時間半前に出発。砂漠のような当地ではラクダはピッタリの乗り物です。ひと休みの際にはグラスワインまたはビールとおつまみのサービスが付きます。

【英語】キングスキャニオン日帰りツアー
【英語】キングスキャニオン日帰りツアー

【英語】キングスキャニオン日帰りツアー

早朝、エアーズロックのホテルを出発し約3時間かけキングスクリークステーションまでバスを走らせます。一旦休憩の後、約30分でキングスキャニオンへ到着。ガイドの案内でキャニオンの崖の上まで登るとワタルカ国立公園のすばらしい景観が目の前に広がります。このウォークは約3時間ほど要する事があるため、体力に自身のある方にお勧めします。他の方は峡谷の谷底に散らばる巨石の間を歩く手軽なウォークに参加することができます。昼食時間には、近くのキングスキャニオンリゾートまでお連れします。(昼食代は自己負担となります)


【キングスキャニオン】
映画「世界の中心で愛をさげぶ」の舞台になり一躍有名になったキングス・キャニオンは、ウルルの北東309Kmに位置し、真っ直ぐに切り立つ断壁が人気です。

※キングス・キャ二オン日帰りツアーに参加の場合には、お時間の都合上、【英語】サウンド オブ サイレンス ディナー ツアー及び【英語】 ラクダで行くサンセットツアーへのご参加は出来ません。

【英語】サウンド オブ サイレンス ディナー ツアー

【英語】サウンド オブ サイレンス ディナー ツアー

日の入り1時間ほど前にホテルを出発。ウルル・カタジュタが見渡せる展望台にてシャンパンとカナッペをお楽しみいただきます。日没後は、赤い大地、静寂な大自然の中での3コースディナー。夕食後はお待ちかねのスタートーク(英語トークです)。追加料金で日本語でのご案内も承っております(事前予約が必要です)。

4 午前

ご出発便に合わせてホテルから空港まで送迎致します。
※日の出・日の入り時刻によりツアー出発時刻が変わります。正確な時間はエアーズロック空港到着時に担当ガイドがご案内します。

登山について


エアーズロック(ウルル)の登山道入口付近にある看板があり、登山者に向けた警告と条件が書かれています。看板に書かれている条件がひとつでも当てはまる場合、登頂はできません。また、エアーズロック(ウルル)登山が可能かどうかを知らせる看板は登山口に設置されているため、登山口に到着するまで登山できるかどうかわかりません。

エアーズロック(ウルル)

距離: 往復約3.2km
所要: 約2時間〜3時間(その方の体力、歩く速度により変わります)
概要: 
登山道の最初の3分の1は傾斜が45度以上と大変急斜面です。この急斜面の区間には鎖が張られており、それにつかまりながら登ります。残りの区間には鎖はありません。登山口は一箇所で、登山道は一本道の同じ道を往復します。参加者は、履き慣れたウォーキングシューズや軍手、動きやすい服装、身の回り品(カメラや一人1リットル以上の水など)はリュックサックに入れ両手を自由に使えるようにしましょう。

エアーズロック

登山者に向けた警告と条件

エアーズロック(ウルル)の登山は危険です。エアーズロック(ウルル)では命を落とした人が何人もいます。安全確保のため、この道は日没30分後から日の出30分前までの夜間は通行止めとなります。

また以下の理由で臨時に通行止めになることもあります。

  • 3時間以内に雨、または嵐が予想される時。
  • 雨などで岩肌が濡れて乾いてない時。
  • 雲が頂上より下に下りて来ている時。
  • 救助作業が行われている時。
  • 天気予報でその日の最高気温が36度以上の時、午前8時以降より登山口が閉鎖されます。
  • 伝統的所有者から文化的な理由による要請があった時。

※またウルルカタジュタ国立公園からの情報では、12月〜2月の期間は上記気温に関わらず午前8時以降より登山口が閉鎖されます。

登山口が開いても登山をしない人や、登山口が閉まっていて登れない場合にはウルルふもと散策へ!不思議な魅力がいっぱいのウルル!古代から先住民達が聖なる岩として崇めていたウルルを間近で体感して下さい。

エアーズロック
エアーズロック

オプショナルツアー人気ランキング
【オプショナルツアー】オーストラリア国内全土で使える!ポケットWi-Fiレンタルサービス