特急列車で行く絶景カオノー日帰り登山

ツアー内容を印刷する

  • 即予約可
  • 終日
14,110円~
(THB3900.00)

画像クリックで拡大

料金一覧はこちら

太古の恐竜”ステゴザウルス”の背中のような形をしたカオノーへ登ってみませんか。バンコクからの往復特急列車とセットで日帰りで参加いただけるようになりました。
バンコクからタイ中北部の中心都市ナコンサワンまで特急列車で約3時間、さらに車に乗り換えて、約1 時間で大平原に忽然と並奇岩の山並み、それがカオノーです。麓の寺院から約700 段の階段を上り、さらに鉄パイプ製の梯子で登頂すれば、タイ中部の大平原と、一直線に屹立する岩峰の絶景が広がります。麓からの標高差は約180 メートル。海抜230 メートルほどの頂上に立つと、高所恐怖症でなくても足はすくんでしまうほどです。登山途中で登頂を断念される方は、最寄りの待避所でお待ちいただくことになります。カオノーにはたくさんのサルが生息しています。サルはおとなしいですが、サルにイタズラされないようご注意ください。

【催行条件】
・2 名以上で催行
・特急列車の指定席券が確保できること
・悪天候の場合は、登山を中止します
・乳幼児のご参加はできません

※システム上予約は確定となりますが、こちらの商品はリクエスト受けとなりますので予めご了承ください。

基本プラン
14,110円~
(THB3900.00)

ツアースケジュール

08:30 特急にてバンコク出発(お客様のご自身)
11:36 ナコンサワン駅到着、現地係員がお出迎えして、混乗車でカオノーへ
12:40 カオノー登山開始
13:45 カオノー山頂制覇(予定)
15:00 カオノーよりナコンサワンへ
16:20 特急にてバンコクへ
19:25 バンコク到着

ツアー条件

最少催行人数:2 出発地:バンコクタイ
運行事業者:H.I.S.Bangkok Branch

料金一覧

基本プラン

【催行日】

  • 時間:12時間
  • 送迎:
  • ガイド:日本語
  • 食事:
  • 子供参加:
  • 時間帯:終日
  • 催行日情報:
時間 12時間 子供参加
食事 ガイド 日本語
送迎 時間帯 終日
催行日情報
【-2021/06/09 料金】
BKK0757P01C01 / J-LP7B2000
  • 大人
    14,110
    (THB3900.00)
  • 子供(12歳未満)
    13,030
    (THB3600.00)

変更・取消規定

  • 当該ツアー・イベント催行日3日前より代金の50%
  • 当該ツアー・イベント催行日1日前より代金の100%

ツアー備考/注意事項

『パッケージに含まれるもの』
バンコク-ナコンサワン往復特急切符代・ナコンサワン発着車代・日本語ガイド(ナコンサワン駅から合流)
『パッケージに含まれないもの』
特急列車への送迎、ツアー中のお飲みもの、食事

【注意事項】
※特急予約時、パスポート提示が必要
※食事なし(特急列車内で軽食が出ます)
※日焼け止め・帽子・軍手・運動靴・サングラス・タオル等 をお持ちください。
※子供の身長140CM以上参加可能です。
※本格的な登山靴の必要はありませんが、ゴム底のスニーカーをお勧めします。
※サルがたくさんいますが、人に馴れており、危害を加えることはありませんが、イタズラされないように、手には何も持たないことをお勧めします。
※雨など天候が悪い場合は、危険ですから、登山を中止します。電車の大幅な遅れなどで、登山時間が十分確保できなかった場合の補償などはありません。
※鉄パイプ製のハシゴが、太陽光線で高温になります。軍手を持参されることをお勧めします。
※登山道途中には、何カ所もの簡易待避所があります。途中で登頂を断念される場合は、他の参加者が下山されるまで、待避所でお待ちいただきます。
※ナップザックやウエストポーチがお勧めで、なるべく身軽で登られることをお勧めします。

【取消規定】
お申し込み後の取消、1,000バーツ
当該ツアー・イベント催行日3日前より 代金の 50%
当該ツアー・イベント催行日前日17:00以降代金の100%

Q&A

この商品に関する質問はございません。

※ 日本円料金の表示は当社規定レートを元に算出しております。お支払いは日本円での決済となります。
割引価格は お電話・店舗でのご予約の場合、適用とならない場合がございます。
通常価格は弊社各種パンフレット・冊子掲載の、 お電話・店舗での販売料金となります。
人数限定商品は限定人数分を受付けた時点で、販売終了とさせていただきます。

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Google+
お知らせ
2020年タイにおける「禁酒日」のお知らせ(2019.12.18現在)
スーパーマーケットやコンビニエンスストア・レストランなどで酒類の販売が禁止となると同時に、パブやクラブ等のお酒を扱っているお店はクローズとなります。
観光客の方は、ホテルの客室内のミニバーでの飲・・・
2019年12月18日

お問合わせ