「ケープタウン発 文化体験」の検索結果

検索結果 2
検索結果
2
エリア
    テーマ
      ツアー
        選択中の条件
        エリア:中近東・アフリカ > 南アフリカ > ケープタウン |
        テーマ:文化体験 |
        解除
        催行日
        価格
        全て選択全て解除
        口コミ
        全て選択全て解除
        その他条件
        ガイド
        時間帯
        ケープタウン(南アフリカ)発

        【水曜日限定】現地で日帰り国際協力ツアー(終日もしくは半日)

        ☆★タウンシップ訪問とボランティア活動ツアー(終日もしくは半日)★☆
        南アフリカへ来たら旅行だけではなく、ボランティア活動にも参加してみませんか? 子供が好きな方、現地で何か国際協力したい方、日本の文化を教えたい方必見です★ アパルトヘイト時代に黒人専用の居住区として指定されたタウンシップと呼ばれる地域を訪れます。 【終日ツアー】 1日かけて南アフリカの歴史を学び、ボランティア活動を体験することができるツアーとなります。 午前中はカラフルで歴史深い街並みのボカープ、アパルトヘイト時代について学べるディストリクト6博物館、そして文化センターを訪れます。 午後は現地団体Origami For Africaと一緒に折り紙をタウンシップに暮らす子供たちに教えるボランティア活動にご参加いただきます(団体の代表者は現地日本人です)。 日本から遠く離れた南アフリカで日本の文化を子供たちに伝える活動ができます! また、ボランティア活動の前には現地のお年寄りの方々との交流時間もございますので、ぜひいろんなことを聞いてみてください! ※午後のみの【半日ツアー】もございます。終日(タウンシップツアー込み)又は半日(ボランティア活動のみ)のどちらかをお選びください。
        11,980円~
        (ZAR1915.00)
        • 1名から予約可
        • 時間帯 / 半日
        • 所要時間 / 6時間~
        時間帯 / 半日
        所要時間 / 6時間~
        ケープタウン(南アフリカ)発

        終日タウンシップ&世界遺産・ロベン島観光(混載/日曜日以外催行)

        タウンシップ&ロベン島へ訪れ、ネルソンマンデラの軌跡を追います かつての負の遺産として今もなお人々が住み続けるタウンシップ ヨハネスブルグだけでなく、各地に点在しています アパルトヘイト時代に使われていたタウンシップを実際に見る事ができ、肌で直接感じて頂けます 午後からは、負の世界遺産・ロベン島へご案内致します ロベン島は、故ネルソンマンデラ元大統領も収容されていたことで有名なアパルトヘイト時代に主に政治犯が収容されていた黒人専用の刑務所島です。 ケープタウンの沖合14kmに浮かぶ島で、刑務所は1996年に閉所され、1999年にユネスコの世界遺産に登録され、観光名所となっています。 島での単独行動はできないため、島での案内は、かつて刑務所に収容されていたというガイドがご案内する事もあり、その場合はよりリアリティーを感じて頂くことができます。 そういった歴史的背景もあり、単なる有名な観光名所というわけでなく、大変な苦難と逆境をを乗り越えて勝ち取ったシンボルの象徴でもあります。 歴史を感じて頂くには、外せない観光地となっております。
        8,260円~
        (ZAR1320.00)
        • 1名から予約可
        • 時間帯 / 終日
        時間帯 / 終日

        ※ 日本円料金の表示は当社規定レートを元に算出しております。

        さらに絞り込む
        解除
        催行日
        価格
        全て選択全て解除
        口コミ
        全て選択全て解除
        その他条件
        ガイド
        時間帯

        お問合わせ