「パリ発 パリ発着 日帰り近郊ツアー」の検索結果

検索結果 4
検索結果
4
エリア
    テーマ
      ツアー
        選択中の条件
        エリア:ヨーロッパ > フランス > パリ |
        テーマ:パリ発着 日帰り近郊ツアー |
        解除
        催行日
        価格
        全て選択全て解除
        口コミ
        全て選択全て解除
        その他条件
        ガイド
        時間帯
        パリ(フランス)発

        バスで行くベルギー・ブルージュ1日観光(①日本語を話すガイド付き、②日本語自動音声案内付き)

        「北ヨーロッパのベニス」「屋根のない美術館」とも呼ばれる、中世そのままの大変美しい町並みが残るベルギーの運河の町、ブルージュを満喫いただくツアーです。 到着後、世界遺産に登録されている「ブルージュ歴史地区」を散策し、市庁舎や、ベギン会修道院、中央広場などを見学いただきます。午後は自由時間がございますので、ベルギー料理を召し上がられたり(各自)、チョコレートやレースなどの特産品のお買い物をお楽しみいただけます。夏は、ブルージュ運河でのクルーズもお楽しみいただきます。 ①日本語を話すガイド付き、②日本語自動音声案内付きの2種類からお選びいただけます。
        16,560円~
        (EUR129.00)
        • 1名から予約可
        • 時間帯 / 終日
        • 所要時間 / 13時間45分~
        時間帯 / 終日
        所要時間 / 13時間45分~
        パリ(フランス)発

        【プライベート 専用車で行く】画家レオナール・フジタのアトリエと日本館の作品鑑賞 午前観光

        藤田嗣治(洗礼名:レオナール・フジタ)は、エコール・ド・パリを代表する画家のひとりであり、フランスでもっとも有名な日本人画家です。1913年フジタは20代で単身渡仏し、当時芸術家たちが多く集まっていたパリのモンパルナス界隈に定住します。当時のモンパルナスはエコール・ド・パリの中心であり、フジタ自身がとても愛した場所でした。貧しい修行生活を経て、神秘的な「乳白色の肌」の裸婦像が絶賛を浴び、エコール・ド・パリの寵児となりました。ピカソやモディリアーニなどとも交友を結び、その後も着実にフランスでの地位を確立していき、晩年はレジオンドヌール勲章を受章。今日もフランスの最高名誉勲章として、国家にへ卓越した功績をあげた人に授与される名誉ある勲章です。フランス帰化後はカトリックの洗礼を受け、レオナール・フジタへとなります。 晩年はパリ郊外にあるVilliers-le-Bâcle村にアトリエに居を構え、静かに制作を続けます。フジタが最期にゆっくりと過ごした時間にふさわしい、ひっそりした佇まいのアトリエです。アトリエの内部は家具、食器、画材道具が、フジタが生きていた頃そのままの状態となっており、より近くでフジタを知ってもらうための配慮から、柵なども一切ありません。屋根裏部屋のアトリエには日本画の筆や和の小道具が並びます。絵を描くには自然光が一番、というフジタの言葉通り、フジタのアトリエには外光が部屋いっぱいに差し込むような構図にご注目ください。(アトリエ見学は日本語オーディオガイド付き) アトリエ見学後は、国際大学都市の日本館にあるフジタの大作をご見学いただきます。国際大学都市はパリの南14区に位置する留学生や大学職員などの居住地区で「日本館」に、フジタの作品が展示されています。 フジタの活躍したパリで、フジタの活躍の軌跡を辿るツアー、個人では行きにくい場所を[みゅう]でお楽しみください。 ご宿泊ホテルへお迎えに伺い、ツアー終了後はご宿泊ホテルへお送りするプライベートサービスなので安全、便利、 1組1台の専用車対応、快適です。 ※最少催行人員:2名
        16,690円~
        (EUR130.00)
        • 時間帯 / 午前
        • 所要時間 / 3時間30分~
        時間帯 / 午前
        所要時間 / 3時間30分~
        パリ(フランス)発

        【プライベート 日本語ガイドと専用車で行く】世界遺産ル・コルビュジェ建築 サヴォワ邸とラロッシュ邸 午前観光

        「近代建築の父」と称される巨匠ル・コルビュジェ。スイスに生まれ、その後活動拠点をフランス・パリに移し、ミース・ファン・デル・ローエ、フランク・ロイド・ライトと共に「近代建築の三大巨匠」として位置づけられている偉大な建築家です。ル・コルビュジェは建築のみならず、都市計画や、彫刻、家具などの製作、雑誌の執筆なども手がけるほど多彩な才能の持ち主としても知られています。 建築に興味がある方から、初心者の方まで、建築スペシャリストの日本語ガイドの解説と共に、パリ近郊ル・コルビュジェの世界へご案内いたします。公共交通機関では行きずらい場所ですが、お客様専用のプライベートカーでご案内しますので、短期旅行中でも時間を節約し効率よく観光地を巡ります。 ル・コルビュジェが設計した近代建築の最高傑作といわれている作品が、パリ郊外ポワシーにある「サヴォワ邸(Villa Savoye)」。フランスの歴史的建築物にも指定されています。サヴォワ邸は、建築史に大きな転換をもたらしたといわれている、ル・コルビュジェが提唱する「近代建築の五原則」すべてが厳格に実現されており、歴史に名を刻む重大な建築物として建築界に大きな影響を与えました。居住としての快適さや利便さを残したまま、芸術性を取り込んだサヴォワ邸は、近代建築の新しい局面を切り開いた最高傑作となっています。 パリ16区にあるラロッシュ・ジャンヌレ邸は、1923年に建設されたル・コルビュジェ初期の作品です。パリの高級住宅街16区に位置し、閑静な住宅街の中にひときわ目立つ、近代的で美しい真っ白な外観が目を引きます。「ジャンヌレ邸」はル・コルビュジェ財団のオフィスとして使われており見学はできませんが、「ラロッシュ邸」は一般公開されています。この二つの邸宅は外観からみると一つの建築に見えますが、内部は壁で仕切られており、独立した建物となっています。この「ラロッシュ邸」は室内に照明はなく、外光を取り込む大きな窓と3階まで続く吹き抜けロビーが大きな開放感を与える空間が特徴的です。 2016年に世界遺産に登録されましたル・コルビュジェの作品をたっぷりお楽しみください。
        19,900円~
        (EUR155.00)
        • 1名から予約可
        • 時間帯 / 午前
        • 所要時間 / 3時間30分~
        時間帯 / 午前
        所要時間 / 3時間30分~
        パリ(フランス)発

        ノルマンディーと上陸作戦海岸ガイドツアー(英語ガイドのみ)<昼食付き>

        <英語ガイドが案内するツアーです※日本語通訳なし> ノルマンディーの海岸は、1944年にナチスの侵略からヨーロッパを解放するためにやって来た連合軍の上陸によって、その名が歴史に刻まれました。お客様には、第二次世界大戦とノルマンディーの上陸に関する歴史を語った、平和に捧げられたカーン記念館を訪れます。 記念館内での昼食付き(ドリンク込み)
        22,470円~
        (EUR175.00)
        • 1名から予約可
        • 時間帯 / 終日
        • 所要時間 / 14時間30分~
        時間帯 / 終日
        所要時間 / 14時間30分~

        ※ 日本円料金の表示は当社規定レートを元に算出しております。

        さらに絞り込む
        解除
        催行日
        価格
        全て選択全て解除
        口コミ
        全て選択全て解除
        その他条件
        ガイド
        時間帯

        お問合わせ